宮崎大学附属中学校 特別支援学級の保護者勉強会に参加いたしました

2022-02-18 投稿

 

保護者勉強会には渉外広報担当<渡辺・田辺>ジョブコーチ<長尾>の3名が参加させていただきました。

令和4年2月1日に宮崎大学教育学部付属中学校E級保護者の皆様を対象にした勉強会に参加させていただきました。今回は障がいのある お子様がたの将来に向けての自立、就労への取り組み方や日常生活で伸ばせる能力などをテーマに開催されました。保護者の皆様方には当事業所のA型、B型の就労継続支援事業と共に移行及び定着支援事業の活動状況を説明させていただきました。また、みなみのかぜ支援学校・みやざき中央支援学校・日章学園の高等部の生徒さんの現場体験実習を受け入れさせていただいた際の実習プログラムと実施状況などもご報告致しました。 保護者の皆様に向けて、お子様達の中学校卒業後の進路や就労にたどり着くために必要だと思われる能力、就労した後のジョブコーチの上手な利用の仕方など多岐に渡る就労支援事業を上手く活用するメリットを専任者よりお伝え致しました。あわせて、日頃の生活の中でしっかりと身に付けていただきたい3つの課題もお伝えさせていただきました。

◯健康管理(仕事を休まない・遅刻しない。身なりを清潔に保つ。健康や清潔さが大事であることを知ること)

◯コミュニケーション(あいさつ・返事や感謝・謝罪の言葉が使える。連絡・報告相談ができる、敬語が使えること)

◯社会体験(手伝いを通して洗濯・食事の用意・掃除などの経験があること。家族以外の人と話ができること)

今回の勉強会では、あらためて日常の家庭生活で取り組んでいただき、今の内に伸ばしておいていただきたい課題をお伝えすることができたと感じております。 このような貴重な機会をいただきましたことにあらためて感謝させていただきます。